読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

クロスプラットフォーム・ユニバーサル・ネイティブ・インタフェース

Xuni

モバイルアプリ開発用コンポーネントの「Xuni(ズーニー)」に込めた意味です。

  X-platform
  UUniversal
  NNative
  Interface
の頭文字から"XUNI"が製品名になりました。

f:id:ComponentOne_JP:20170119165742p:plain


さて、クロスプラットフォームといえばXamarin(ザマリン)です。
昨年のMicrosoftによる買収以降、継続的に注目を集めています。
2017年はVisual Studio 2017のリリースはもちろん、Visual Studio for Macも登場しますので、Xamarinを利用したアプリ開発が本格化することでしょう。

 

●XuniとXamarinの関係は?

XuniはXamarinで開発するアプリ用のUIコンポーネントセットです。グレープシティの .NET製品同様に、Visual Studioから利用してUI開発を支援します。

データグリッドやチャートなどを取り揃え、クロスプラットフォームアプリで共通のUIを実現する場合に最適です。

f:id:ComponentOne_JP:20170119183300p:plain
≫≫ Xamarinできます ー Xuni Webサイト

 

●Xamarinは使われている技術?

Xamarinは開発技術なので実際の利用例が目立ちません。
C#で開発されたアプリは完全なAndroidやiOSのネイティブアプリになります。
そのため「Xamarinを使いました」と明記されない限りわからないのです。

何の技術で開発されているかを、一般のアプリユーザーは意識する必要はありませんが、エンジニアの皆さんは興味があると思います。

その一例を紹介します。すでに昨年の話になってしまいましたが、大晦日の一大イベント「NHK紅白歌合戦」のアプリは、数年前からXamarinを利用して開発しているそうです。このアプリのメニュー内にある「アプリについて」-「著作権情報」を見ると、利用した技術の情報が記載されています。

著作権情報の英文なので読みづらいですが、これらがXamarinの利用例であることを示しています。

その表示を見ても、わかる人にしかわからないではないか?
と思いますが、関係者情報によると確かにXamarinを利用しているそうです。

他にも、Xamarin.comエクセルソフト社のWebサイトに掲載された事例も増加中です。
また、ユーザーグループ(JXUG)でも活発に情報交換が行われており、2016年末のAdvent Calendarにも豊富な情報が集まりました。

ますますホットになるXamarin。
Visual Studio利用者であれば導入は難しくありませんのでお試しください。日々集まる先駆者の情報が参考になります。

≫≫ Xamarin関連情報のリンクにAdvent Calendar 2016も追加しました

≫≫ JXUGでは頻繁にXamarinイベントを開催しています


この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第462号(2017/1/12発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。  

≫グレープシティの最新情報を発信!メールマガジン「PowerNews」
製品の最新情報、プログラミングに役立つコラムのほか、プレゼント企画やセミナーのご案内など、日々の開発業務に役立つ情報を、毎月2回・第2、4木曜日にお送りしています。 
PowerNews - メールマガジン | GrapeCity Developer Tools 

Wijmo開発者インタビュー記事が掲載されました―「5年後も使い続けたい」JavaScript UIコンポーネントを目指す「Wijmo」とは?

Wijmo

アプリ開発の第一線に立つソフトウェア・エンジニアに役立つ情報を発信しているWebサイト「Build Insider」に、Wijmoの開発者インタビュー記事が掲載されました。

f:id:ComponentOne_JP:20170118162734j:plain

エンタープライズ/業務アプリケーション開発のニーズに応えるWijmoの取組みについてまとめていただきました。ぜひご覧ください!

www.buildinsider.net

ナレッジベース更新情報(2017/1/10~1/13)

C1Studio Wijmo Xuni

以下の5文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

Xamarin.Formsでキャラクターのステータスをゲージで表現する

Xuni

ステータスを表現する方法として細い円を利用する場合があります。
Windows 10のインストール中に進捗度を表示するインジケータもこのスタイルで、他にもゲームアプリでキャラクターステータスの表示などでも見かけます。

このように進捗度などを表現する場合には「ゲージ」を利用します。 ここでいう「ゲージ」は、現実社会では計測する計器のことで、アプリでは値を表現するためのユーザーインタフェースという意味です。
基準となる形状に沿った形で、値をポインタで表現することで数値データの可視化に利用します。

Xuniでは、以下の3種類のゲージを提供しています。

種別 名称 用途
線形ゲージ LinearGauge 縦または横向きの直線に沿って表現
円形ゲージ RadialGauge 曲線に沿って弧を描き全円や半円などの円形で表現
ブレットグラフ BulletGraph 目的特化型の線形ゲージ。範囲と目標値をゲージ内で表現

Xuni for Xamarin Platform の製品ヘルプ | Xuni (ズーニー) | グレープシティ株式会社

今回は円形ゲージ(RadialGauge)を表示するUIを作成する方法を解説します。

作成するのは、Xamarin.Formsを利用したAndroidアプリとiOSアプリです。単純にゲージを表示するだけなので、動作はなく表示するだけのページを作成します。

続きを読む

技術記事の公開『最新フレームワーク「Angular 2」と組み合わせて「Wijmo(ウィジモ) 5」を使おう』

Wijmo

開発者のための実装系WebマガジンCodeZineで新しい記事が公開されました

▼最新フレームワーク「Angular 2」と組み合わせて「Wijmo(ウィジモ) 5」を使おう▼

codezine.jp

 

ぜひご覧ください。

技術記事の公開「ComponentOne Studio for WPFでアプリケーションからWord、PDFを取り扱う」

C1Studio

開発者のための実装系WebマガジンCodeZineで新しい記事が公開されました

▼ComponentOne Studio for WPFでアプリケーションからWord、PDFを取り扱う▼

codezine.jp

 

ぜひご覧ください。

ナレッジベース更新情報(2016/12/26~1/6)

C1Studio Wijmo Xuni

以下の9文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

ComponentOne