読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

Web APIで取得したオープンデータを一覧表示するXamarin.FormsアプリのUIを作成

Xuni

どのプラットフォームでも業務アプリに要求される機能がデータの一覧表示です。

デスクトップやWebアプリでデータを表示するデータグリッドUIを作成するコンポーネントに「FlexGrid」があります。モバイル開発用コンポーネントXuni(ズーニー)にも「FlexGrid」があります。モバイルデバイスの小さい画面でデータを一覧表示するのに適しているかどうかは別にして、データの一覧表示についてはよくお問い合わせをいただきます。

この記事では、Android、iOSアプリでシンプルにデータ一覧を表示する方法を解説します。 テストデータを表示する方法は、他の解説資料や製品のサンプルプロジェクトに含まれますので、ここではWebで公開されているオープンデータをAPIで取得し、FlexGridに一覧表示します。

AEDオープンデータ

今回は「AEDオープンデータプラットフォーム」に公開されているAEDの位置情報を利用しました。

同サービスに登録済みのオープンデータから、グレープシティの本社がある仙台市のデータを取得して一覧に表示します。

このサービスは公開されるデータにありがちなファイルフォーマットや形式の違いを吸収し、アプリなどから利用しやすいREST/JSON形式で提供されるWeb APIで取得できます。データも人間の目だけでなく、機械からも見やすくする必要があり、そこをうまく解決しています。

f:id:ComponentOne_JP:20161128084210p:plain AEDオープンデータプラットフォーム

CC BY 3.0

今回利用する仙台市のデータはこのURLでアクセスすると表示されます。
https://aed.azure-mobile.net/api/aedinfo/宮城県/仙台市/

Xamarin.Forms プロジェクトの準備

作成するアプリはシンプルなUIなので、Xamarin.FormsでUIもAndroid/iOSで共通化したものを作成します。 利用する開発環境は、Visual Studio(Windows)またはXamarin Studio(macOS)です。作成するソリューションは共通利用が可能なので、どちらの開発環境でも開くことができます。

続きを読む

ナレッジベース更新情報(2016/11/21~11/25)

C1Studio Wijmo Xuni

以下の24文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

新チャートコントロール「FlexChart」デモ公開中!

C1Studio Wijmo Xuni

高速で軽量、多彩なデータ視覚化を実現する新しいチャートコントロール「FlexChart」のデモを公開いたしました。

FlexChartは.NETアプリケーション開発用コントロールセット「ComponentOne Studio」、新世代JavaScriptコントロールセット「Wijmo(ウィジモ)」、モバイルデバイス用コントロールセット「Xuni(ズーニー)」の各製品に収録されています。

以下のリンクより、対応プラットフォームごとにデモをご覧いただけます。

≫≫ Windows Formsf:id:ComponentOne_JP:20161121171710g:plain

≫≫ WPFf:id:ComponentOne_JP:20161121171710g:plain

≫≫ ASP.NET MVC

≫≫ UWP
 ※ストアアプリでご確認ください

≫≫ HTML5/JavaScript

≫≫ iOS/Android/Xamarin
 ※※チャート作成アプリがスマホで利用できます。

f:id:ComponentOne_JP:20160905093128p:plain

ナレッジベース更新情報(2016/11/14~11/18)

C1Studio Wijmo

以下の6文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

ASP.NET Core MVCアプリケーションでデータ検証と注釈を実現する

C1Studio

※本ブログの内容は、下記英語版のブログを翻訳したものです。
≫ Enabling JQuery Unobtrusive Validation and Data Annotation in MVC FlexGrid

 

データ検証はデータの整合性を保持する不可欠な要素であり、ASP.NET MVCのデータ注釈機能で、モデルで定義された検証がビューに簡単に伝達されます。本記事では、ASP.NET Core MVCアプリケーションでデータ注釈とjQueryの控えめなデータ検証を使用してFlexGridに入力されるデータを検証する方法を紹介します。

 ≫ ComponentOne Studio for ASP.NET MVCのダウンロードはこちら

 

 MVCのデータ注釈とjQueryの控えめなデータ検証の使用方法

「C1 ASP.NET Core MVC アプリケーション (.NET Framework)」テンプレートを使ってASP.NET Core MVCプロジェクトを作成し、「FlexValidation」という名前を付けます。プロジェクトを作成するとき標準の「ASP.NET Webアプリケーション」テンプレートを使用することができますが、C1コントロールを使用するためにいくつかの追加手順を実行する必要があります。 

続きを読む

Windows Forms → WPF の障壁を取り除く「ClearStyle技術」とは?

C1Studio PowerNews

Windows Forms開発者がWPFに移行する際に嵌りやすい点の1つとして、MVVMパターンにおけるView、つまりUI部分の構築方法がWindows Formsと大きく異なることが挙げられます。

もともと、WPFではUIとビジネスロジックを分離し、画面周りはデザイン担当者に任せ、プログラマーはビジネスロジックの実装に専念できる…というのがメリットとして考えられていましたが、専門のデザイナーを割り当てるほど余裕があることは少なく、結局のところ、プログラマーがUI設計も担当することが多いのではないでしょうか。

そしてそのUIが、従来のWindows FormsともHTML+CSSとも違い、XAMLで記述するということがさらなる負担としてプログラマーを苦しめます。
XAMLによるレイアウトシステムは非常に柔軟かつ強力で自由度が高い分、要素ひとつひとつの細かい制御をすべてXAML上で定義しなければならず、単にドロップダウンボタンの背景色を変更したい場合でも十数行にわたってXAMLコードを記述しなければならないなど、意外と制御が面倒です。

さて、前置きが長くなりましたが、そのようなUIデザインの煩わしさを解消する1つの解決策として、ComponentOne Studio for WPFでは「ClearStyle」と称する独自の技術を導入しています。

≫≫ ClearStyle技術とは?

続きを読む

Xamarin Dev Days - Tokyo 〜Xuniさんのレポート

Xuni

Xuni(ズーニー)プロダクトマネージャの福地と申します。

今回は「Xuniさん」として参加したイベントの様子をレポートします。セッションは受講していませんので部屋の外から参加したDev Daysです。


2016年11月12日(土)日本マイクロソフトセミナールームで、Xamarin開発者に向けたイベント「Xamarin Dev Days」が開催されました。これは世界各地で開催されるXamarin公式イベントです。

Xamarin Dev Days - Xamarin

東京会場ではJXUG(Japan Xamarin User Group)が中心となって準備して当日を迎えました。各セッションの講師、スタッフの皆さんお疲れ様でした。

この日は3カ国で開催が予定され時差の関係で一番はじめが東京です。
プログラムはXamarinの紹介と午後のハンズオンで構成されています。

スケジュール

セッション

10:00

受付

10:30 - 11:10

Xamarinの紹介

11:20 - 12:00

Xamarin.Forms解説

12:10 - 12:50

Xamarin と Azure

13:00 - 13:50

ランチ

14:00 - 17:00

ハンズオン

17:00 - 19:00

懇親会


JXUGを代表する田淵さんのレポートに、ハンズオン資料を含め詳細はこちらに詳しく掲載しています。

ytabuchi.hatenablog.com


セッションスピーカーは世界共通の資料、つまり他の人が作った資料を元にセッションを講演するので、技術的内容は十分でもそれ以外の苦労があったと思います。そんななかでも、しっかり練習をして本番は見事に講演している皆さんを見て、さすが強いひとたちだなぁと感心しました。

続きを読む
ComponentOne