読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

ナレッジベース更新情報(2017/4/17~4/21)

以下の16文書を追加・更新しました。

ComponentOne Studio

Xuni

不具合登録情報(2017/4/17~4/21)

Studio for WinForms
Studio for ASP.NET MVC
Wijmo 5
Wijmo 3
Xuni

 

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

4月も平日に休みがないしプレミアムフライデーを楽しむしかない

 2017年のカレンダーを3枚めくって感じたこと。

「今年、休み、少なくない…?」

これは、祝日が土曜日と重なるためです。
 
2017年に土曜日と重なってしまう祝日は以下のとおりです。
  • 2月11日の建国記念の日
  • 4月29日の昭和の日
  • 9月23日の秋分の日
  • 12月23日の天皇誕生日
なんと4日も…!
 
一般的なビジネスパーソンは土日休みが多いでしょうから、
「休みが少ないなんて!」という嘆きをはじめ、
「たくさん働ける!わっしょい!」という喜びの声が方々から聞こえてくるようです。
 
日本の祝日は「国民の祝日に関する法律」で定められています。
日付が変わる祝日や2つの祝日に挟まれる形で成立する祝日もあるので変動します。
確定した国民の祝日は内閣府から公表されており、CSVファイル形式のオープンデータとして公開されています。
 
このデータを使用し、Xamarinで開発するAndroid、iOSアプリ内に国民の祝日を表示するカレンダーの実装手順を公開しました。

前述したとおり、今月は平日に休みがありません。
4月29日は祝日(昭和の日)ですが土曜日に被っています。

こうなったら、日本政府が推進するキャンペーン「プレミアムフライデー」を思いっきり楽しむしかありません!月末金曜は早めに仕事を切り上げ、リフレッシュしましょう♪
 
「プレミアムフライデー判定用関数」は、以下を参考にしてください。

 

この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第468号(2017/4/13発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。  
≫グレープシティの最新情報を発信!メールマガジン「PowerNews」
製品の最新情報、プログラミングに役立つコラムのほか、プレゼント企画やセミナーのご案内など、日々の開発業務に役立つ情報をお送りしています。 
PowerNews - メールマガジン | GrapeCity Developer Tools 

5月リリース!2017J v1の新機能を先行公開

ComponentOne Studio、Wijmo、Xuniの3製品は、2017年5月にメジャーバージョン「2017J v1」をリリースします。今回も盛りだくさんの内容となっています!
新機能の中から、新たに追加となるコントロールを厳選してご紹介します。
 

 

ComponentOne Studio

 
WPFエディションにガントチャートを追加

ComponentOne Studioのコントロールの中でも人気の高い「GanttView」のWPF版が正式に登場します。「GanttView」は、プロジェクトを効率的にスケジュール、実行、完了するためのプロジェクト管理コントロールです。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135242p:plain


WPF/UWPエディションに「InputPanel」を追加
「InputPanel」はデータの入力フォームのように機能し、各入力コンポーネントのデザイン、レイアウト、外観および動作を管理できます。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135358p:plain


ASP.NET MVCエディションに「MultiRow」を追加
1レコードを複数行で表示できる(多段明細)グリッドコントロール「MultiRow」を追加します。これにより、横方向にスクロールしなくても多くのフィールドを1画面で表示できます。
「MultiRow」はFlexGridの拡張コントロールであり、FlexGridと同じ操作性と機能を提供し、列レイアウト定義情報を設定するだけで複数行のレイアウトでグリッドを表示することができます。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135543p:plain

 
WinFormsエディションに「CalendarView(ベータ版)」を追加
パフォーマンスに優れたカレンダーコントロールを追加します。
年月変更のクイックナビゲーションや、単一または範囲の日付選択、複数月の表示など、カレンダー表示に必要とされる多くの機能を備えています。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135701p:plain


新しいコントロールの追加だけでなく、現在収録されているチャートやグリッドといった多くのコントロールの機能強化も行います。全容は以下よりご確認ください。
 

Wijmo

 
TreeViewコントロールを追加

データを階層的に表示する「TreeView」を追加します。
ノードの折りたたみ、ノードの編集、チェックボックスによる選択、ドラッグによる移動などの機能を備えます。

f:id:ComponentOne_JP:20170418140537p:plain


MultiAutoCompleteコントロールを追加
キーボード操作で複数の項目を素早く入力することができるコントロールです。
入力候補リストの表示、全候補リストの表示、項目の選択/削除などの機能を備えます。Wijmoサイトではデモを公開しており、操作性をご確認いただけます。
 
 
このほか、Angular 4正式対応や、ReactとVueの外部モジュールの追加など、最新技術にも対応します。デモも触れる新機能ページから内容をご確認ください。
 
 

Xuni

Xuniでは、Xamarin用の新たなコントロールの提供に向け現在鋭意準備中です。
最新情報は以下からご確認できます。
 
 

ナレッジベース更新情報(2017/4/10~4/14)

以下の14文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

Xamarin.FormsのPickerにデータバインドする

最新版「Xamarin.Forms」の機能

クロスプラットフォームモバイルアプリ開発用のフレームワークであるXamarin.Fomrsは、日々成長を続けています。
2017年4月にリリースされた最新バージョン「2.3.4」では、意外にも(?)その機能が無かったPickerコントロールへのデータバインドが可能になりました。 リリースのお知らせでも「Bindable Picker」として紹介されています。

配列データをItemsSourceプロパティに設定することで、その内容選択肢のリストとして表示できます。

Xamarin.Formsアプリの開発

早速この機能を使ってみます。
Xamarin.FormsでAndroid、iOSアプリを開発するには、Visual StudioやXamarin Studioを利用します。
ここではその方法は解説しませんので他のサイトなどを参照してください。

Xamarin クロス プラットフォーム開発 - Visual Studio

Xamarin.Fomrs用のソリューションで、アプリ開発をする準備が整っている前提で解説します。

続きを読む

周期表を.NETのサンバーストチャートで再作成する

データ視覚化の世界では、従来、テーブルや棒グラフ、円グラフのような選択が主流でした。しかし、ユーザーが大量かつ複雑なデータを簡単で効率的に視覚化できるように斬新なアプローチが必要となるかもしれません。本ブログでは、周期表をサンバーストチャートとして作成し、近代のデータ視覚化に新たなパラダイムを確立しています。

下記はFlexChart for WinForms/WPF/UWPで作成できる、周期表のサンバーストチャートです。

Display elements' information in the Sunburst Periodic Table

サンバーストチャートで元素の情報を表示する

 

≫ ComponentOne Studioのダウンロードはこちら

 

続きを読む
ComponentOne