ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

ナレッジベース更新情報(2017/2/13~2/17)

以下の16文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

データ視覚化ダイエット!-5kgも夢じゃない?!

PowerNews 462号の「ダイエット」に関するアンケート結果では『必要無い』と回答された方は比較的少なく、やはり皆様日頃から気にかけておられるようですね。

しかし、いざダイエットを始めても、いつも途中で挫折してしまう…という方も多いのではないでしょうか。

f:id:ComponentOne_JP:20170214175031p:plain

モチベーションを維持する為のコツとしては、定期的にご褒美の日を設けるとか、友達を誘って一緒に励ましあいながら頑張るとか色々考えられますが、スマホやパソコンで管理アプリを利用するというのも良い方法かもしれません。

f:id:ComponentOne_JP:20170214175301p:plain

このような管理アプリでは、体重や体脂肪の推移を折れ線にして目標値をマーカー表示するものや、カロリーの摂取量に対する消費量を積み重ねた棒で色分け表示するものなど、結果をグラフで表すケースが多く見られます。
数値の変化がグラフ化されていると、目標に対する達成率や時系列での推移が一目で直観的に分かり、とても便利ですね。

普段それほど意識していないかもしれませんが、私たちが毎日見ている新聞記事やテレビ番組、またスマホで何気なくアクセスするサイトにおいても、情報を分かりやすく伝達するための手法として、グラフ・チャートが活用されています。これらのおかげで、私たちはその情報が意図する内容を、短時間で視覚的に理解することができるわけです。

f:id:ComponentOne_JP:20170214175602p:plain

このようなグラフ・チャートを使用したいわゆる「データ視覚化」という概念は、情報伝達の手法として欠かせないものであり、それはアプリケーション開発においても非常に重要なポイントです。

「FlexChart」は、そのようなニーズにお応えできる、強力なデータ視覚化機能を備えたSVGベースのチャートコンポーネントです。
チャート種には、Microsoft Excel 2016でサポートされ話題の「ウォーターフォール」「サンバースト」まで幅広く対応しています。グラフを使用したデータ視覚化の要件がある場合には、ぜひ導入をご検討ください。

「FlexChart」は「ComponentOne Studio」「Wijmo(ウィジモ)」「Xuni(ズーニー)」に収録されています。

≫≫ サンバースト、ウォーターフォールってどんなグラフ?WPFまたはWebのサンプルでご確認ください↓↓

hatena.c1.grapecity.com

この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第464号(2017/2/9発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。  
≫グレープシティの最新情報を発信!メールマガジン「PowerNews」
製品の最新情報、プログラミングに役立つコラムのほか、プレゼント企画やセミナーのご案内など、日々の開発業務に役立つ情報を、毎月2回・第2、4木曜日にお送りしています。 
PowerNews - メールマガジン | GrapeCity Developer Tools 

Angular & Wijmoクイックスタート - アプリケーションの作成

Angularでは、フレームワークの機能拡張だけでなく、開発効率の向上にも非常に力が入れられています。Angular CLIというコマンドラインツールを使用することで、非常に簡単にAngularアプリケーションを作成することが可能です。

また、WijmoはAngularをサポートしており、Angularの標準的な方法で、グリッド/入力/チャートなどのエンタープライズ向けの高度なUIコンポーネントを利用することができます。

この記事では、Angular CLIとWijmoを使用して、グリッドでデータ管理を行うAngularアプリケーションを作成する方法を紹介します。Angular開発する際のサンプルやチュートリアルとしてご活用ください。

この記事では、次のバージョンのライブラリを使用して動作確認を行っています。

  • Angular 4.0.0
  • Angular CLI 1.1.1

f:id:ComponentOne_JP:20170214103608p:plain

続きを読む

ナレッジベース更新情報(2017/2/6~2/10)

以下の7文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

Developers Summit 2017 (デブサミ2017)にブース出展します!

f:id:ComponentOne_JP:20170213095635j:plain

2003年より開催しているITエンジニアの祭典Developers Summit(通称:デブサミ)が今年も開かれます。

デブサミ2017のテーマは“エンジニアとして生きる、技術の先にある現実に踏み出す”。
今テクノロジーの世界では、IoT、人工知能、VRなど発展が目覚ましい領域を中心に、無数の技術とビジネスが現れては消えています。その中で、新たな時代のリーダーを担うエンジニアにとって必要なものは何なのでしょうか?
この命題を一人ひとりが考えるためのヒントをデブサミに見つけにきてください。

グレープシティは今年もデブサミに協賛し、製品紹介ブースを出展します。
ブースではComponentOne Studio、Wijmo、Xuni、SPREAD、ActiveReportsの新バージョンを中心に、数々の開発支援ツールを紹介させていただきます。ぜひブースにお立ち寄りいただき、デモマシンで新機能をお試しください。
今年も皆さまとお会いできることを楽しみにしています!

◆開催概要◆

日 時 2017年2月16日(木)10:00~18:45 (受付開始:9:30~)
2017年2月17日(金)10:00~18:25 (受付開始:9:30~)
会 場 目黒雅叙園
主 催 株式会社 翔泳社
費 用 無料(事前登録制)
Web 公式イベントページはこちら

 

CSVデータがあればExcel形式で一覧表示したくなる気持ち

データを可視化するお話です。
モバイルアプリ用コンポーネントのXuni(ズーニー)は、データ可視化を目的としたコントロールです。データをモバイルアプリ上で表現するために、グリッドやチャートを提供しています。
表示するためには、必ず何らかの手段でデータを引き渡す必要があります。

こちらの記事ではJSON形式のデータをFlexGridを利用してグリッドビューを表示する例を解説しました。
hatena.c1.grapecity.com

今回はCSV形式のデータをもとに一覧表を作成します。
利用するのは日本郵便株式会社が提供している郵便番号データです。 CSV形式のファイルで提供されており、同社のWebサイトからダウンロードできます。

郵便番号データダウンロード - 日本郵便

使う前に郵便番号データの説明を見ると、全国版は12万件もあるとのことでした。今回はテストデータで利用するので、グレープシティ本社の郵便番号[981-3205]が含まれる宮城県版を利用します。

そこにデータがあるから

データがあれば、まずはExcelのような一覧表示をしたくなります。
見やすく可視化するためには必要な手続きです。
ダウンロードしたファイルはCSV形式ですので、Excelで読み込めば簡単に表示できます。
しかし、それでは単純なので手法を変え、Visual Studio Code(以下、VSCode)を利用してデータを表示します。

VSCodeは一般利用が可能なエディタなので、CSVファイルを読み込んでもそのまま表示され、Excelのような表示にはなりません。これはメモ帳などの他エディタと同じです。
ちなみにこの記事もVSCodeで書いています。

続きを読む

ナレッジベース更新情報(2017/1/30~2/3)

以下の13文書を追加・更新しました。

ComponentOne製品のナレッジベースは随時更新中です。
≫ ナレッジベースはこちら

 

ComponentOne