読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

エイプリルフールに駆け巡った衝撃の事実

 4月1日、今年のネタはこれか!

と思われても仕方のないビッグニュースが業界を駆け巡りました。

 Microsoftの開発者を対象としたイベント「//build 2016」の2日目基調講演でクロスプラットフォーム開発基盤の Xamarin (ザマリンと読みます)が、Visual Studioに統合されると発表されたのです。

 2月に開発元のXamarin社の買収が発表されていましたので想定内の出来事でしたが、Communityを含むVisual Studioの全エディションに付属する発表は、大きな驚きと歓迎ムードに包まれました。

 

 「Xamarin for Everyone」

Visual StudioでC#によるAndroid、iOSアプリ開発を誰もができるようになったのですから、その衝撃ははかり知れません。

Xamarinはその技術が注目され、日本でも有名なアプリで採用されてきました。

しかし開発環境が比較的高額だったため、誰もが利用できるものではありませんでした。それがVisual Studioに付属することになったのです。

つまり…これまでのXamarin利用の障壁が一気に崩れ、"それ以外のこと"を考えることができるようになりました。さて、ここからが本題です。

 

これは、使わズーニーいられない

モバイルアプリ開発用のUIコンポーネント「Xuni(ズーニー)」は、Xamarinにも対応しています。Visual StudioとXamarinだけでは実現が困難な、グリッドやチャートをアプリに実装できる開発支援ツールです。

Xamarinでのアプリ開発が身近になった現在、これを使わない手はありません。

でも、新しい環境に飛び込むのは億劫です。XamarinだけでなくXuniまでも…

なんてあきらめかけている方に向けて、資料とライセンス付のサンプルを用意しました。プロジェクトの作成からアプリの実行までを解説しているので、すぐに体験できます。

 Xamarinの環境を構築すれば、資料に付属するサンプルプロジェクトを開いてすぐに使えます。また、解説を読みながら、1から作ることも可能です。

このサンプル用のライセンスキーを組み込み済みであるため、機能制限なく改造して試すこともできます。

 データを表形式に表示するだけのシンプルなものですが、Android、iOSアプリ開発へのファーストステップとしてご活用ください。 

www.goxuni.com

 

まだXamarinは使えない?

Visual Studioはすでに導入済みだとしても、旧バージョンだったり、そもそも新環境を試す時間がなかったりと、すぐに試すことができない方も少なくありません。

 

その場合は、まずXamarinとXuniを利用した事例をご覧ください。Xuniのデモとして公開しているサンプルアプリはXamarinで開発しました。

グラフを作成する「Chart Builder」は、Android、iOSおよびWindows Phoneアプリで、データを入力すれば簡単にグラフ画像を作ることができます。

 

アプリが完成してからでは、Xamarinなのか何だろうが判別は困難ですが、間違いなく【Visual Studio + Xamarin + Xuni】 で開発していますので、お手元のスマートフォンでお試しください。 

www.goxuni.com

 

この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第445号(2016/4/14発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。  

≫グレープシティの最新情報を発信!メールマガジン「PowerNews」
製品の最新情報、プログラミングに役立つコラムのほか、プレゼント企画やセミナーのご案内など、日々の開発業務に役立つ情報を、毎月2回・第2、4木曜日にお送りしています。
 

PowerNews - メールマガジン | GrapeCity Developer Tools 

ComponentOne