読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

Googleの協力を得て「Angular 2」をいち早くサポート!

PowerNews Wijmo

Web開発業界で今もっとも注目されている技術は何でしょうか?

おそらく、多くのWeb開発者が「Angular」と回答するのではないでしょうか。

 

「Angular 2」の前身である「AngularJS」は、圧倒的なシェアを占めるMV*フレームワークで、こちらもご利用中の方は多いと思います。

その後継版がリリースされることが発表されてから、「Angular 2」は多くのイベントや技術記事などで取り上げられています。

 

「Angular 2」には、主に次のような特長があります。 

 

  •  Web Componentsが採用され、Webサイトの各パーツをカプセル化することで開発/保守しやすくなった。
  •  TypeScriptとの親和性が高く、型定義やクラスの概念を用いて安全で見やすいコードを開発できる。
  •  AngularJSに比べてパフォーマンスが向上している。

 

 これらの特長はJavaScriptコントロール「Wijmo(ウィジモ)」にも共通しています。

そんなWijmoでは、GoogleのAngularチームの協力を得ながら、2016年5月18日リリースの新バージョン2016J v1より、すべてのコントロールでAngular 2を正式にサポートすることになりました!

 

WijmoはjQueryに依存せず、Wijmo自身がTypeScriptで開発されているため、上記のようなAngular 2の利点を余すところなく享受することができます。

Angular 2の学習に役立つサンプルも多数収録しますので、どうぞお楽しみに。

≫≫ Angular 2正式サポートに先行して現在もサンプルを公開中!

 

さらに新バージョン2016J v1では、Angular 2対応のほかにも数多くの新機能を追加します。ここで、PowerNews読者の皆さんに注目機能の一部をご紹介します。

  •  OLAP(ピボットテーブル)
    Excelのピボットテーブルのように、フィールドを行、列、集計などの項目にラッグすると、グリッドやチャートを用いてデータ集計結果を可視化することができます。

    f:id:ComponentOne_JP:20160506114013p:plain
    f:id:ComponentOne_JP:20160506114005p:plain
    f:id:ComponentOne_JP:20160506113956p:plain 

  • PDFファイルの生成
    文字列、図形、画像、グリッドをPDFに出力します。チャートも画像をSVGなどの形式で保存してPDFに出力することができます。サーバーにWebサービスなどをインストールする必要なく、Webアプリで帳票を作成することが可能です。

    f:id:ComponentOne_JP:20160506113855p:plain

 

このほかの新機能についてもWebサイトで先行公開していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

≫≫ 新機能の画面サンプルもこちらからご覧いただけます

 

この記事はグレープシティが発行するメールマガジン「PowerNews」の第446号(2016/4/28発行)に掲載された記事を、加筆修正して転載したものです。  

≫グレープシティの最新情報を発信!メールマガジン「PowerNews」
製品の最新情報、プログラミングに役立つコラムのほか、プレゼント企画やセミナーのご案内など、日々の開発業務に役立つ情報を、毎月2回・第2、4木曜日にお送りしています。
 

PowerNews - メールマガジン | GrapeCity Developer Tools 

ComponentOne