読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

ECHO Tokyo 2016へご来場いただき、ありがとうございました!

Wijmo

去る2016年7月29日(金)、日本では2回目の開催となる「GrapeCity ECHO Tokyo 2016」が無事に終了いたしました。

当日は梅雨明け間もない暑さの中、たくさんの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました!

f:id:ComponentOne_JP:20160805153530j:plain

昨年の反省点を活かし、皆さまに喜んでいただけるよう精一杯のおもてなしを…と思い準備を進めてきましたが、いかがでしたでしょうか。

昨年スーパーで売切れていて買えなかった「メン子ちゃんゼリー」も、今回は準備することができ、皆さんにもネタにしてもらい、幸せでございました!(東北人の青春の味を、どうしても持っていきたかったのです!)(凍らせても美味しい!)

f:id:ComponentOne_JP:20160805153414j:plain

ご協力いただいたアンケートでは、「TypeScriptの有用性を理解できました」「WijmoとAngularの組み合わせで記述量を抑えてカスタマイズできる点が興味深かった」「Wijmoの品質管理、テストの手法が参考になりました」などなど、嬉しいお言葉を頂戴しました。

セッション内容などは後日開催レポートとしてWebサイトに公開予定ですので、こちらでは簡単ですが御礼を申し上げます。

申込受付から開催までのつぶやきをまとめたtogetterを作成しましたので、良かったらこちらもご覧ください。

 ≫≫ 実はリアルタイムで呟いてました

実際に開発現場で仕事をされている皆さんと多くの情報交換ができ、非常に有益な時間となりました。ありがとうございました!

f:id:ComponentOne_JP:20160805153951j:plain

ComponentOne