ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

2016J v1リリース!

2016年5月18日(水)に、ComponentOne Studio、Wijmo、Xuniの最新バージョン「2016J v1」をリリースいたしました!

 

.NETアプリ開発用コントロールセット「ComponentOne Studio」では、UWPアプリ開発用エディションが新登場!ほかのエディションと同様にグリッド、チャート、帳票といったコントロールを収録していますので、これ1つでUWPアプリ開発が可能です。

f:id:ComponentOne_JP:20160512102345p:plain

このほか、ASP.NET MVCエディションにはGoogleスプレッドシートのようなアプリケーションを開発できる、ExcelライクなWebスプレッドシート「FlexSheet」コントロールを収録するなど、多彩な新機能を追加しています。

 

≫「ComponentOne Studio」の新機能を見る

≫ ComponentOne Studio 2016J v1に関するニュースリリースはこちら

 


 

新世代JavaScriptコントロール「Wijmo(ウィジモ)」では、「Wijmo 5(ウィジモ・ファイブ)」エディションのすべてのコントロールで「Angular 2」に対応します。

そのほか、 Excelのピボットテーブルと同様のデータ集計機能を提供する「OLAPモジュール」や、PDFファイルを生成する「PDFモジュール」を追加するなど、各コントロールで機能強化が行われています。

≫ 「Wijmo」の新機能を見る 

  


 

モバイルアプリ開発用コントロールセット「Xuni(ズーニー)」では、カスタマイズ可能な「Calendar(カレンダー)」コントロールを新たに追加。これにより、自由なカレンダーを簡単にアプリに組み込むことができます。

また、データグリッドコントロール「FlexGrid」では、セル結合や行の明細データの表示などの機能強化を行っています。

≫ 「Xuni」の新機能を見る

 

ComponentOne