ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

2016J v3リリース!

2017年1月24日(火)に、ComponentOne Studio、Wijmo、Xuniの最新バージョン「2016J v3」をリリースいたしました!

 

.NETアプリ開発用コントロールセット「ComponentOne Studio」では、すべてのエディションで「Visual Studio 2017」を正式にサポートします。

f:id:ComponentOne_JP:20170119140021p:plain

さらに、WinFormsエディションに階層データ表示コントロール「TreeView(ツリービュー)」、地図表示コントロール「Maps」を追加するなど、各エディションで新しいコントロールの追加や機能強化を図っています。

≫「ComponentOne Studio」の新機能を見る
≫ ComponentOne Studio 2016J v3に関するニュースリリースはこちら


 

新世代JavaScriptコントロール「Wijmo(ウィジモ)」では、「Wijmo 5」がAngular 2に正式対応し、サンプルも多数公開しています。また、SystemJSなどのモジュールローダーを用いてWijmoモジュールを読み込めるようになりました。

f:id:ComponentOne_JP:20170119140040p:plain

≫ 「Wijmo」の新機能を見る


 

モバイルアプリ開発用コントロールセット「Xuni(ズーニー)」では、「FlexGrid」のハードウェアキーボード操作とクリップボードへの対応機能を強化しました。

f:id:ComponentOne_JP:20170119140056p:plain

また、データグリッドコントロール「FlexGrid」や、カレンダー「コントロール「Calendar」の機能強化を図っています。

≫ 「Xuni」の新機能を見る

ComponentOne