ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

5月リリース!2017J v1の新機能を先行公開

ComponentOne Studio、Wijmo、Xuniの3製品は、2017年5月にメジャーバージョン「2017J v1」をリリースします。今回も盛りだくさんの内容となっています!
新機能の中から、新たに追加となるコントロールを厳選してご紹介します。
 

 

ComponentOne Studio

 
WPFエディションにガントチャートを追加

ComponentOne Studioのコントロールの中でも人気の高い「GanttView」のWPF版が正式に登場します。「GanttView」は、プロジェクトを効率的にスケジュール、実行、完了するためのプロジェクト管理コントロールです。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135242p:plain


WPF/UWPエディションに「InputPanel」を追加
「InputPanel」はデータの入力フォームのように機能し、各入力コンポーネントのデザイン、レイアウト、外観および動作を管理できます。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135358p:plain


ASP.NET MVCエディションに「MultiRow」を追加
1レコードを複数行で表示できる(多段明細)グリッドコントロール「MultiRow」を追加します。これにより、横方向にスクロールしなくても多くのフィールドを1画面で表示できます。
「MultiRow」はFlexGridの拡張コントロールであり、FlexGridと同じ操作性と機能を提供し、列レイアウト定義情報を設定するだけで複数行のレイアウトでグリッドを表示することができます。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135543p:plain

 
WinFormsエディションに「CalendarView(ベータ版)」を追加
パフォーマンスに優れたカレンダーコントロールを追加します。
年月変更のクイックナビゲーションや、単一または範囲の日付選択、複数月の表示など、カレンダー表示に必要とされる多くの機能を備えています。

f:id:ComponentOne_JP:20170418135701p:plain


新しいコントロールの追加だけでなく、現在収録されているチャートやグリッドといった多くのコントロールの機能強化も行います。全容は以下よりご確認ください。
 

Wijmo

 
TreeViewコントロールを追加

データを階層的に表示する「TreeView」を追加します。
ノードの折りたたみ、ノードの編集、チェックボックスによる選択、ドラッグによる移動などの機能を備えます。

f:id:ComponentOne_JP:20170418140537p:plain


MultiAutoCompleteコントロールを追加
キーボード操作で複数の項目を素早く入力することができるコントロールです。
入力候補リストの表示、全候補リストの表示、項目の選択/削除などの機能を備えます。Wijmoサイトではデモを公開しており、操作性をご確認いただけます。
 
 
このほか、Angular 4正式対応や、ReactとVueの外部モジュールの追加など、最新技術にも対応します。デモも触れる新機能ページから内容をご確認ください。
 
 

Xuni

Xuniでは、Xamarin用の新たなコントロールの提供に向け現在鋭意準備中です。
最新情報は以下からご確認できます。
 
 
ComponentOne