ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

Japan Xamarin User Group Conference #23に参加

Xuni(ズーニー)プロダクトマネージャーの福地と申します。
2017年5月27日に、JXUG(Japan Xamarin User Group)が主催して開催した勉強会に参加してきました。
そのことをレポートします。

f:id:ComponentOne_JP:20170529132155j:plain

人気イベントを巡る出張

人気の勉強会なので、早い段階で満席になります。そのため、出張予定や他の仕事との兼ね合いを一旦無視し、とりあえず参加表明をし、それに合わせて他を調整します。

グレープシティは、日本マイクロソフトが5月23-24日に開催したde:codeにスポンサー協賛していたため、この週は東京出張で埋まるかな?ともくろんでいました。

しかし、現実は甘くありません。
5月はComponentOne製品のリリースがあったので繁忙期です。

結局、週を通して東京で過ごすわけにはいかず、東京出張×2回になりました。
でも、どちらのイベントにも参加できたことはよかったです。

Xamarin にまつわる11のセッションと3つのLT

カンファレンスは30分単位ので、すべてがXamarinに関連する11のセッションで構成されています。

今回のテーマは「Xamarin 無料化一周年記念勉強会!」ですので、特に内容に決まった方向性はなく、 Xamarinに馴染みの薄い人から、実際に仕事で使う人まで幅広い層のエンジニアが、きっと何かを持ち帰ることができるプログラムになっています。

正直に言って自分には難しい内容もありましたが、現場の話をたくさん聞くことができる良い機会でした。

各セッション資料は、勉強会のサイトに公開されています。
また、後日は当日の動画を公開する予定なので、Xamarinに興味のある方はJXUGをウォッチしておくことをおすすめします。

JXUGC #23 Xamarin 無料化一周年記念勉強会! - 資料一覧 - connpass

Connpass以外にFacebookページもあります。主催イベントだけでなくXamarin関連の情報交換がされています。

Japan Xamarin User Group (JXUG):Facebook Twitter

製品の宣伝をしてきました

JXUGの勉強会では、Xamarin業界を盛り上げる目的の宣伝活動をさせてもらえます。
今回はLightning Talksの時間枠を1つ提供してもらい、Xuniの今後に関するトークを行ってきました。 Xuniの説明と今後のお話です。
詳細は資料をご参照ください。

Visual Studio for Macの登場や、Macの実機がなくても開発やデバッグができるようになる仕組みが発表されるなど、進化を続けるXamarinプラットフォーム。
グレープシティはXamarin開発で便利にご利用いただけるような製品を提供します。
JXUGのイベントにスポンサー協賛できるようになることを目指して。


参考情報

ComponentOne