ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

2017J v2リリース!

2017年7月26日(水)に、ComponentOne Studio、Wijmoの最新バージョン「2017J v2」をリリースいたしました!

 

各種プラットフォーム対応UIコントロールセット「ComponentOne Studio」では、Xamarin プラットフォーム用モバイルUIコンポーネントセット「ComponentOne Studio for Xamarin(以下、C1 Xamarin)」が登場します。

チャート、ゲージ、グリッド、カレンダーなどのUIコンポーネントを収録しているため、Visual Studioを利用したモバイルアプリ開発が行えます。

C1 Xamarinは、これまでグレープシティが開発・販売していたモバイルアプリ開発用のコントロールセット「Xuni」を新アーキテクチャで再構築したコントロールセットです。

ComponentOne Studio Enterprise、Xuni Enterpriseのサブスクリプション契約を継続中のお客さまは無償でお使いいただけるほか、単体エディションとしての販売も行います。

f:id:ComponentOne_JP:20170725105302p:plain

 
また、WinForms、WPF、UWPエディションでは、FlexChartコントロールに階層データを視覚化する「TreeMapチャート」を新たに追加します。
ASP.NET MVCエディションには、データを階層的に表示する「TreeView」コントロールや、キーボード操作で複数の項目を素早く入力することができる「MultiAutoComplete」コントロールを追加します。
 
このほか、各エディションで新機能追加や機能強化を行っておりますので、詳しくはWebサイトをご確認ください。

≫「ComponentOne Studio」の新機能を見る
≫ ComponentOne Studio 2017J v1に関するニュースリリースはこちら

 


 

新世代JavaScriptコントロール「Wijmo(ウィジモ)」では、

FlexGrid、TreeView、Gaugeなどの多くのコントロールでWAI-ARIAをサポートし、目の不自由な人のアクセシビリティ向上のため読み上げ機能に対応しました。
 
また、階層データを視覚化するTreeMapコントロールの追加や、FlexGridでは「Enter/Tabキー」で右のセルへ移動、下のセルへ移動、次のコントロールへ移動といった動作をサポートします。

f:id:ComponentOne_JP:20170725110311p:plain

≫ 「Wijmo」の新機能を見る

ComponentOne