ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

Xamarin ファーストのアプリ

Xamarin を使って開発するアプリ

クロスプラットフォームのアプリ開発プラットフォームとして、日々その知名度が増しているXamarin(ザマリン)。
グレープシティでは、Xamarin対応のUI開発用コンポーネントとして提供していたXuniを「ComponentOne Studio for Xamarin(以下、C1 Xamarin)」としてリリースしたことは以前にお知らせしました。

このC1 Xamarinの各機能を紹介するデモアプリももちろんXamarinファースト。 Android、iOS、UWP用に共通のアプリをリリースするためXamarin.Formsを採用し、XAMLで記述したユーザーインタフェース開発を行っています。

f:id:ComponentOne_JP:20170831175424p:plain

Xamarin.Formsをフレームワークとして利用した場合、それぞれのデバイスプラットフォーム用アプリはネイティブアプリとして開発されます。
そのため各ストアからダウンロードしてインストールし実行しても…

「ほぉ…これがXamarin製か」

という具合にはなりません。

そんな言葉が漏れ聞こえてくるとすれば、Xamarin製であることを知っている場合です。
通常は身の回りにXamarinを利用して開発したアプリがあったとしても知ること無く利用することになります。もしそのことを知らせたければ、どこかでXamarinの利用を公言することが必要です。たとえば「このアプリについて」に著作権表記クレジットなどに明記する例があります。

その方法でXamarinを使っているのを明記している年末の歌番組用アプリが有名ですが、最近話題になったアプリでも同じようにXamarin.Formsの採用が確認されているようです。
そのアプリのことは、ここでは明記しませんが「Switch Xamarin」で検索すると、Xamarinの技術情報にまぎれて証言情報がでてきます。

Xamarin.Formsで開発したアプリ

さて本題に戻ります。
C1 Xamarinのデモ用アプリは「Control Exproler」として公開されています。文字通り各UIコントロールの機能を探索するアプリです。
日常生活に影響を与えるような便利な機能は一切なく、単純にグリッドビューやチャートなどをお見せするカタログのようなものです。

これもXamarin.Formsを利用して開発しました。
証拠はこちらVisual Studioで開発中の画面です。

f:id:ComponentOne_JP:20170831173658p:plain

スクリーンショットなので決定的証拠とは言えませんが、アプリの開発、公開をしている弊社が公表しているので間違いはありません。
そもそもXamarinプラットフォーム向けの製品デモなので、あたりまえのことなのですが。

Xamarinに興味がある方そして、ComponentOne Studio for Xamarinに興味がある方は、まずこのアプリをお試しください。アプリ開発のアイデアが広がります。Android、iOS、UWP用をそれぞれのストアからインストールしてください。


2017年10月6日、「XAML」をテーマにしたイベントを開催します。

hatena.c1.grapecity.com

ComponentOne