ComponentOne Information

ComponentOne Studio/Wijmo/Xuniの最新情報を公開中

</>XAMLエキスパートが集結!- GrapeCity ECHO Tokyo 2017 開催 - ※満員御礼/キャンセル待ち受付中※

グレープシティは20年以上、開発支援コンポーネントを提供する形で、業務アプリケーション開発をサポートしています。

この長い年月の間、テクノロジーにはいくつもの変化がありましたが、業務アプリの世界で、広い領域で長い間利用され続けているのは紛れもなく「Windows」です。数あるプラットフォームの中で、業務アプリとWindowsは切っても切れない関係であると言えます。

企業のWindows 10への移行が想定される今、業務アプリ開発者に最適な技術は何なのでしょうか?

グレープシティでは、それはWPF、UWPやXamarinなどの「XAML」をベースとするアプリケーションプラットフォームだと考えています。

堅実な業務システムからモバイル、さらにはMicrosoft Hololensのような最先端のアプリまで対応できる「XAML技術」は幅広さが魅力です。
2017年5月に米国で開催された「Microsoft Build 2017」発表された仕様「XAML Standard」のように、今後の可能性も期待されます。

 しかし、一口に「XAML」と言っても、何が良いの?どうしたらいいの?本当に大丈夫なの?という疑問や不安も浮かぶかと思います。

その疑問や不安を解決するために、XAML開発技術のエキスパートを集めたセミナーイベントを開催します!
エキスパート達にはXAML技術の開発事例やノウハウを包み隠さず語っていただきますので、10/6(金)はぜひ品川にお集まりください!


GrapeCity ECHO Tokyo 2017 開催!~テーマは業務アプリ×XAML!~

f:id:ComponentOne_JP:20170828154858p:plain

日時 2017年10月6日(金)13:15~18:00(12:45~受付開始)
会場 日本マイクロソフト品川本社 Aルーム
費用 無償(事前登録制)
定員 80名

XAML開発技術のエキスパートを迎え、開発事例中心のセッションを行います。
開発者が安心してXAML技術を採用できる手助けとなるような情報発信を目指します!

≫≫お申込みはこちら≪≪

※ 大変ありがたいことに、満席(100名)となりました。参加ご希望の方は、キャンセル待ちへのご登録をお願いいたします。 


セッションにご登壇いただくエキスパートの皆さんを簡単にご紹介します。


1人目は、日本マイクロソフトの高橋忍さま。
長くXAMLに携わり、XAML関係の執筆活動やXAMLをベースとする製品の啓蒙活動をされている高橋さまには、XAMLの優位性や多様性、XAMLのこれまでとこれからを語っていただきます!

2人目は、マーベリックの秋葉卓也さま。
“東京メトロ/東京都交通局:訪日外国人向け「次世代券売機」”や
“ソフトバンクロボティクス:Pepperだらけのケータイショップ向け「未来の商品棚」”
といった、XAMLを利用する最先端アプリ開発実績がある同社の、XAML愛や開発手法についてデモを交えながらご紹介いただきます!

3人目は、エス・ビー・エスの須藤隆一郎さま。
「THE 業務アプリ」といったグレープシティのユーザーさまには馴染みの深い
WPFアプリを数多く開発している同社。
この開発経験から得たノウハウや、Windows Forms開発経験者のためのWPF開発のポイントを共有いただきます!

4人目は、フェンリルさま。
Xamarinを利用した開発実績が豊富な同社には、アプリの「モバイル化」にあたっての課題を挙げながら、課題を解決するためのツール「Xamarin」と、XAMLで画面デザインの共通化ができるライブラリ「Xamarin.Forms」について、事例を織り交ぜてご紹介いただきます!


本当に本当に豪華なスピーカー様に集まっていただきました!
イベント終了後にはフリータイムを設けますので、WPF、UWP、Xamarinの各アプリ開発の第一線でご活躍されているスピーカーの皆様と直接お話することも可能です。
お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください!

≫≫お申込みはこちら≪≪


“ECHO Tokyo 2017”はこんな方にオススメです

  • 業務アプリケーション開発をしている方
  • XAML技術(WPF、UWP、Xamarin)に興味のある方
  • XAML技術で開発を行っている方
  • 既存システムの移行手段を検討している方
  • 業務アプリケーションのモバイル対応、Web対応、モダン化を推進している方
  • 他社の開発事例に興味のある方
  • グレープシティのコンポーネント製品に興味のある方

※ セッションプログラムの内容は、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ComponentOne